セブ島留学の前に知っておいたほうが良いポイントとは?セブ島留学の豆知識を紹介

当サイトではセブ島留学の前に知っておいたほうが良いポイントを解説しています。
セブ島への留学の豆知識を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
セブ島での留学中は日本で使っているスマートフォンは使えるのか、という気になる疑問にもお答えしています。
生活に欠かせないスマートフォンに関しては知っておいて損はないです。
セブ島で留学しているときのメイン交通手段も知っておきたいポイントで、タクシーになるのが一般的です。

セブ島留学の前に知っておいたほうが良いポイントとは?セブ島留学の豆知識を紹介

セブ島留学を考えているため豆知識を押さえておきたい人もいるのではないでしょうか。
美しい海があるとして人気のセブ島には留学が可能な学校も多くあります。
しかしセブ島留学をする日本人の生徒が沢山いる学校も中にはあります。
そういった環境では、日本語ばかり話すことになる可能性があるため注意が必要です。
またセブ島留学ではグループ授業を行う学校もありますがマンツーマンタイプの学校は、より英語をたっぷり話す機会があるので役立つ可能性が高いです。

セブ島留学は学校選びが大事になる

セブ島留学を成功させるためには、学校選びが大事になってきます。
セブ島留学の学校を選ぶときのポイントとしては、学校のタイプを知ると言うことが重要です。
セブ島留学で選べる学校のタイプは、敷地内に校舎・寮などの施設が入っているキャンパスタイプ、大都市にありビルに入っている校舎とは別の場所に寮があるビルタイプ、リゾートホテル内に校舎を構えるリゾートタイプに分けられます。
学校のタイプによって授業の内容も変わっていて、しっかり英語力を身につけたいならスパルタ式の多いキャンパスタイプがおすすめです。
利便性が良いならビルタイプ、勉強とバケーションを両立したいならリゾートタイプが向いています。
スタイルは平日外出禁止で毎日テストを行いしっかり勉強を行うスパルタ式、門限はあるものの外出制限はなく自主的な勉強が必要なセミスパルタ式、バケーションを兼ねていてプライベートな時間も多いリゾート式があります。
勉強のスタイルなどに合わせて選ぶのも良いとされています。

セブ島留学に行く前に英語でスムーズに自己紹介できるようにしておく

この程度のことは言われなくても当たり前と言えるかもしれませんが、セブ島留学に行く前にはせめて英語でスムーズに自己紹介ができるくらいの準備はしておきましょう。
セブ島留学をするからには、そこで使われる言語は英語です。
英語で勉強をしに行こうと考えているはずなのに、自分の紹介さえもできないということでは笑われてしまうというか、本当に留学するだけの価値があるのかということにもなってしまうでしょう。
もっと言えば、紹介ができる程度で満足していて良いわけでもありません。
何をどのレベルで勉強する予定なのかにも大いに左右されますが、それに支障ないくらいのレベルでないと、本当は楽しいはずの留学も苦痛になる可能性があります。
別に、ネイティブと同じレベルで意思疎通ができるような必要性まではありませんが、自分に必要なレベルはどこか、それに足りているのか足りないのかといったことはしっかりと見極められるようにしなければなりません。

セブ島留学は短期留学であればビザ不要

セブ島留学を行う場合、短期留学であれば事前のビザ申請は不要とされています。
旅券にはいくつかの種類がありますが、セブ島留学が30日以内であれば旅行などに使用されている観光ビザをそのまま使用することができます。
通常の留学ではあくまで学習が目的となるため、観光目的のものからそのまま流用することはできません。
旅行者が安全であることを保証し、入国の目的を明確にするためにもそれぞれの用途に適したものを発券されます。
国によってルールに違いがあるものの、たとえば通常の旅行として入国後に留学をしたくなった場合には、改めて申請をし直す必要があるでしょう。
この場合は新たな申請が承認されるか決定するまでの待機期間なども発生するため、慎重に手続きを行う必要があります。
しかし、セブ島留学の場合は新たな申請を行うことなく、観光として入国後に学習できるのが特徴です。
ただしそもそも観光が認められなかった場合には、フィリピンに入国することができないので注意しましょう。

セブ島留学中は日本語を使わない練習も必要

セブ島留学の目的を考えた場合、現地滞在中は日本語を使わない努力も必要です。
そんなことを言っても、外国なのだから使いたくても使えないに決まっているではないかと思われるかもしれません。
セブ島留学では日本人が自分一人だけとは限らないことに注意する必要があります。
慣れない海外の環境で、同じ日本出身の人がいるのは心強いことは間違いなく、いざというときには極めて頼りになるかもしれませんし頼りにされることもあるでしょう。
このような状況は理解できますが、いつどのようなシーンであっても日本人のみでグループを作ってしまい、その輪の中では楽な母国語でいつも話しているということでは、上達するはずの英語も上達しません。
様々な出身国の人と友人になり、その中には日本人が含まれていても当然構いませんが、共通言語は常に英語とすることが望ましいです。
このように、あえて日本語を使わない環境に身を置くことも上達の上では欠かせません。